Skip to content

正規割引航空券とLCCの違い

あなたは国内・国外に向けて飛行機を利用する際に一般航空か格安航空がどちらを利用しますか?
近年何かと話題になっているのが格安航空で、航空機の簡素化や従業員・サービス等のコスト削減によって実現した低い航空費用によって運行されてあり、私たちの間では「LCC」(ローコストキャリア)という名ですっかり浸透していますね。
「安いならばLCCでいいではないか」と最近は一般航空券に比べてLCCを選択する人が増えてきていますが、一般(正規割引航空券:PEX)とLCCにはそれぞれメリットとデメリットがあります。今後利用していこうという方はこの違いを理解して使うことをおすすめします。

まず正規割引航空券というのは航空会社が正式に値段を決めた割引航空券で、どの旅行会社で購入しても同じ金額になります。国内線で言うと「超割」とか「特割」と呼ばれているものです。この正規割引航空券は航空会社でも旅行会社でも購入ができます。各航空会社のホームページに料金表が載っており、自分でリサーチすることができます。
正規割引航空券は夏休みや年末年始などの繁忙期でも席が取りやすいというのが大きな特徴でしょう。この時期だと格安航空券よりも安い場合が多いという点も注目です。理由としてはこういった繁忙期には航空券を旅行会社に安く席を売らないため高くなりやすいといったことがあります。
しかしチケットを予約すると2~3日ですぐに発券しなければならないので、数ヶ月前にキャンセルをしても取消料がかかります。ここ点に関してはややネックです。

一方、格安航空券は旅行会社が航空会社から席を仕入れて、企業・店舗ごとに値段をつけて販売しています。団体ツアー用の割引航空券を個人向けに販売しているもので、チケットは旅行会社でしか購入できません。旅行会社によっては仕入れ値も売値も違うので、どこが安いかは各旅行会社を調べなければわかりません。繁忙期には航空会社から安い席をもらうことができないので、安売りチケットがそれほど多く容易されていません。
その代わり、キャンセルをしても取消料はいつでも一律1~3万円位で、旅行直前のキャンセル料は格安航空券よりも安く済みます。変更についても楽にできます。何より普段は値段が安いというのが利用の大きなメリットでしょう。

主にこういった違いが一般とLCCにはあります。時期やそれぞれのメリット・デメリットを掴んで、リーズナブルにいい空の旅にしましょう。安くていい旅ができれば、こんな幸福なことはないと思います。

格安航空を利用するなら